肌の特性も確認し自分に合った製品を選ぶ|ドクターズコスメの選択法

肌に有効成分が入りやすい

顔の手入れ

肌が荒れていて、乾燥し固くなっていると、どんなに肌に良い成分でも浸透しにくくなってしまいます。リプロスキンを洗顔後に使うことで、肌に有効な成分が入りやすくなるのです。

More Detail

成分表を確認

ボトル

シミ専用の美容液を選ぶ際には、成分表を確認しましょう。ハイドロキノンやエラグ酸、アルブチンが配合されているような製品なら、チロシナーゼというメラニンの元となる成分を抑制できます。

More Detail

質感や成分を確認

スキンケア

美白のための美容液は基礎化粧品の中でも最後に顔に塗布するものです。そのため、肌を白くするための有効成分だけ確認するのではなく、保湿成分や使用感を確認することが大事です。

More Detail

通常の化粧品との違い

化粧品

化粧品に使われる成分は肌の調子を整えてくれます。効能が確認されている成分が入っているコスメを選びたいという人には、ドクターズコスメがおすすめされているので、肌のケアに悩んでいるという人は確かめてみましょう。ドクターズコスメはコスメ用品の中でも特別なコーナーにまとめてお店に並べられている場合が多いので、探すとすぐに見つけられます。ドクターズコスメと普通の化粧品との違いは何かというと、医師が監修に関わっているかどうかです。しかし、医薬部外品なのかといえばそうではないこともあります。医師が監修に関わっていても、化粧品の有効成分の配合量が限定されていることもあり、その際は医薬部外品とはなりません。なるべく配合量の多いものを選びたいなら、比較したり評判の良いドクターズコスメを購入することが大事です。

ドクターズコスメといっても、なんでも良いというわけではありません。普段の化粧品を購入するのと同じく、自分に合った使い心地が得られる製品を選択しましょう。使い心地は実際に使ってみないと分かりませんが、インターネットである程度情報が拡散されているので、「こんな肌の悩みにはこのメーカーがいい」といった情報が得られます。自分の肌質がわからないという人は、確かめ方があります。洗顔した後が一番肌の問題が現れやすいので、化粧水をつけずにしばらく待ってみましょう。かさつきが出てきたら乾燥肌ですし、Tゾーンに脂っぽさが出てきたら脂性肌だといえます。これらを確認し、ドクターズコスメの特性も調査するのが大事です。どうしても試してみたいという人は、デパートなどのおためしコーナーに出かけても良いです。